会社売却を行なう目的|店舗開業における注意点について

男女

資金について

ミーティング

個人経営の飲食店を開業したいと考えている人がいるのであれば、飲食店の開業資金について把握しておくことをお勧めします。飲食店を一から開業するとなると、保証金などの物件費を始め、厨房機器に掛かる費用・内外装費・初期仕入れ費用・広告宣伝/通信費・募集費・雑費類が掛かるのです。それらの費用を合計すると、決して安価な金額に収まることはありません。資金に余裕がるならば問題ありませんが、多くの人は資金をどこからか融資してもらうことになるでしょう。ここでは、飲食店の経営・開業のためにどれだけの資金を融資してもらう必要があるのかを説明していきます。

飲食店を経営・開業するための融資・助成金を調達したいと考える時には、必要となる資金を想定しておくことが大切です。まず、保証金等の費用を想定すると、保証金・敷金・前払い家賃・仲介手数料といった費用が掛かると見越して月額家賃10ヶ月分で約150万円の費用とが必要になると想定することが可能です。厨房機器を購入する費用については、約50万円前後と考えておいて良いでしょう。次に、内外装費用についてです。内外装費用の相場は地域によって異なってくるため、対象地域の坪単価をインターネット等で調べて計算しておくことをお勧めします。初期仕入れ費用に関しては、衛星備品まで含めて考え想定築地売り上げの40%程度だと想定します。広告宣伝/通信費はチラシの枚数によって10万円前後、WEBページ作成で30万円前後、インターネットや電話敷切で3万円前後掛かります。従業員の募集日は5万円からそれ以上の金額が必要となり、食器等その他雑費は10万円以上掛かると想定しましょう。つまり、経営・開業前に多く見積もって資金を350万円前後用意しておかなければならないのです。