会社売却を行なう目的|店舗開業における注意点について

男女

必要となる書類

ビル

飲食店等これから自身の店舗を開業しようと考えている人がいるのであれば、事前に店舗開業に必要となる申請手続きについて把握しておくことをお勧めします。もし、申請手続きについて把握せずに集客活動から始めてしまうと、オープン予定日に申請手続きが間に合わなくなってしまうかもしれません。ここでは、店舗開業に必要となる申請手続きについて知っていきましょう。まず、店舗開業を行なう時には税務署に提出する書類を用意しなければなりません。税務署には個人事業の開廃業等届出書と青色申告承認申請書(白色でも可)、減価償却資産の償却方法お及び棚卸資産の評価方法といった書類を提出ことになります。また、場合によって所得税・納税地の変更に関する届出書や青色事業専従者給与に関する書類、給与支払事務所等の開設等届出書、源泉徴収税の納期特例の承認に関する届出書が必要になるでしょう。

前述した個人事業の開廃業等届出書は開業費から1ヵ月以内、青色申告承認申請書は開業日から2ヵ月以内に提出しなければならないので注意が必要です。青色申告承認申請書に関しては白色でも可と記載しましたが、青色申告であれば様々な控除を受けることができます。そのため、開業時には青色申告承認申請書での提出をお勧めします。次に都道府県税事務所に提出する書類について説明していきます。お道府県税事務所には、個人事業開始申告書を提出することになり、この種類の提出期限に関しては自治体によって異なるため事前に確認しておくことが大切です。他にも市町村役場に提出しなければならない店舗開業書類等も存在しますので、しっかりと確認しておきましょう。